カテゴリ: ビューティー

どうして?タルミはできてしまうの?

老化によによる真皮層の衰え、コラーゲンやエラスチンの減少。

年齢とともに体内で作られる量が減少していきます。

そして、乾燥からもタルミの原因となります。

お肌の中で老化によりヒアルロン酸が減少すると、お肌の

タルミの原因となるそうです。保湿ケアは大事ですね。

そして、痩せたり太ったりと体型の変化にてタルミはできます。

急に太った方、お顔には二重顎に。

逆に、急に痩せた方、皮膚はその変化についていけなく、伸びた

皮膚はタルミになってしまいます。

いつも、うつむきかげんの方 筋肉がうまく働かずタルミに、そして10

フェイスラインも崩れてしまい、首には深いしわが。

気を付けたいですね。

紫外線とは?

大量の紫外線を浴びるといろんな障害が発生します。

UV-A (長波長紫外線)

UV-B (中波長紫外線)

UV-C (短波長紫外線)

UV-Aは波長が長いために皮膚の深部まで到着します。また、

大部分がガラスを透過します。そして、空が雲で覆われている時でも

かなりの部分が地表に到達します。

このUV-A波は、皮膚の老化(はりや弾力の低下を引き起こします。)

それと同時に、皮膚表面にあるいメラニン色素を濃く変化させ、

活性酸素を発生させます。

 

UV-Bは短時間で紅斑の炎症(サンバーン)を起こし、数日後には

色素沈着が起きます。また、免疫機能を低下させます。

そして、長時間浴びると皮膚がんの原因になるそうです。無題

 

UV-Cは細胞内のDNAへの損傷を起こす可能性があると言われています。

が、、オゾン層により吸収されて地上に届くことはないそうです。

あなたに合うファンデーションの選び方

ファンデーションの種類

パウダーファンデーション、リキットフアンデーションはオイリー肌の方に

お勧めです。

余分な皮脂を吸着してくれます。特にリキッドファンデーションはカバー力が高く

はだの凹凸を滑らかにしてくれます。

クリームファンデーションはしっとりカバー力が抜群のクリームファンデーションで

シミやソバカス、毛穴やニキビ跡をかくしてくれます。person10

クッションファンデーション、最近大人気のファンデーションで伸びもよく手を汚さずに

サッとツヤ肌が完成します。

ミネラルファンデーションはお肌に優しいファンデーションです。敏感肌や乾燥肌

の方にはいいですね。ただ粉っぽくなりますので、下地でしっかり保湿してね。

冬のお肌を守るメイクアップ

健康的な素肌を守るためには、冬でも、外へ出る時はファンデーションや紫外線防止

剤は使いましょう。

(冬の紫外線は一年中の中で最も少ないですが、でも、、特にUVA(シワ、たるみ)

は降り注いでます。)

なぜ?メイクアップを勧めるのか??

ファンデーションや下地に含まれる油分は不良導体です。

メイクアップすることで冷たい空気を緩和してお肌へ伝えることになります。

メイクアップは冷たい空気からお肌を保護してくれます。

冷たい空気にさらされたお肌の一番上の皮膚が(角質部分)ぶ厚くなります。

そして、お肌を保護してくれる皮脂や汗の分泌は減少します。

冬の寒さからお肌を守るために、戸外に出る時はメイクアップをしましょう。。。imagesI3EF8KR5

基本のお肌乾燥防止はやさしいクレンジングと洗顔

スキンケアの基本は、肌を清潔にすることです。

クレンジングで、メイクアップや古い脂質や汚れを落とします。

私はジェルタイプのものをお勧めです。ぬるま湯で20回はすすいで下さい。

洗顔は、泡がクリーミィになるまでよく泡立てます。泡を転がす感じで20秒以内で

洗い、すぐに洗い流します。これも、20回はすすいで下さい。

クレンジング、洗顔は過剰な刺激を与えるとお肌の潤いを奪ってしまい

おはだの潤いを奪ってしまい、肌トラブルの原因となることもあります。pawinY9HIlzs4LI_10465

冬のお肌対策 スキンケアのポイントとは?

スキンケアのポイントとは?

1)乾燥からお肌を守る。

お肌の乾燥は しわ たるみ 肌荒れ の原因となります。

そして、お肌の乾燥は、肌そのものの機能の低下となります。イメージ4

①バイア機能の低下によるお肌へのトラブル

②新陳代謝の乱れ

③シミやクスミに加えてお肌が固くなります。

これが、同時進行するなんて怖いですよね。

冬のお肌は要注意です。

冬はお肌の水分の分泌量は減少します。それに外気の乾燥で水分が

蒸散します。

そして皮脂の脂も不足します。

お肌の乾燥が。老化肌やトラブル肌の元になります。

冬のお肌はカサカサになり、老化の兆しを感じる危険な時期です。e6b1445ddf59d85f62089e3f8bd8c959_t

分泌機能の低下とは(前回の続き)

冬のお肌は汗(水分)や皮脂線から出る(脂)が減少します。

皮脂膜と言われる(汗や皮脂で作れていている→天然のクリームと言われている)が減少します。

天然のクリーム(皮脂膜)は乾燥や外界からの刺激から、お肌を守ってくれる大事な肌の分泌

物です。pawinY9HIlzs4LI_10465

冬になると、乾燥肌の方 脂性肌の方 どちらも皮脂膜が不足します。

だから、肌のうるおいはなくなり肌荒れをおこしてしまいます。

 

 

冬のお肌は血行不足からも老化が始まります.

ふゆのお肌は気温の低下や湿度の低下(暖房)などの影響を受けて

四季の中では最悪のコンデションになります。

 

気温が低下すると、毛細血管が収縮し血行が悪くなります。

そすれば、毛細血管からの栄養分や酸素などの供給が十分にできず、お肌の細胞の

活性が鈍ります。

 

 

新陳代謝が正常に行われなくなります。

お肌のいろんな機能に悪影響を与えて、老化を早めてしまいます。06fd25257b25c9d015e1c37ab25fd32a_t

 

分泌機能の低下とは??次回投稿させていただきます。

 

 

 

 

クレンジングの重要性。

メイクをしている人は毎日クレンジングが欠かせませんよね。

 

毎日するクレンジング

 

化粧品成分のスペシャリスト2級の福田綾乃さんから紹介されて

アナウンサーの田中みな実さんがMT化粧品の(美容液が入った)

クレンジングジェルのフアンになられ、スゴイいきよいで広まり売れています。

洗浄力の強いオイルタイプやふき取るシートタイプのクレンジング剤は、

合成界面活性剤が大量に配合されていると言われています。

 

 

乾燥肌を改善、予防をする為には、合成界面活性剤の配合量が少ない

クレンジング剤を使用することをお勧めします。

 

無題