カテゴリ: お知らせ

初夏は紫外線対策が大事!UVケアキャンペーンを開催します!

一日の気温差が激しい日が続いていますね!

5月に入り紫外線がドンドンきつくなっています。

真夏ではない初夏の時期に、

紫外線対策をしっかりすることが美肌の秘訣です!

紫外線のダメージが蓄積されて、シミが悪化、、、!!!

なんてことにならないよう、

UVケアと保湿のお手入れをもう一度見直しましょう!

そこで!

「初夏のUVケアキャンペーン!」を開催します!

「5月末まで!1日1名様限定!」のキャンペーンですので、

迷わず!今すぐ!

ご予約お待ちしております♬

 

春のまるごと美肌キャンペーン開催!!

4月になり少しずつ暖かくなってきましたね(^^♪

桜はまだ満開ではないですが、ピンク色の花が少しずつ咲いてきました。

日本中で桜が咲き乱れる景色が楽しみです。

さて、4月は「春のまるごと美肌キャンペーン」を開催いたします!!

シミ・シワ・たるみの

❝三大お悩み❞

を丸ごとケアして「整形級に若返り!!」

若々しく輝く美肌に変身して

気分上々、春のおしゃれを楽しみましょう♬

 

★★★キャンペーン内容★★★

「シミ取り放題+顔脱毛・白雪肌コース(70分) 10,000円→初回体験3,300円」

「シワ・たるみ改善エクササイズコース(70分) 12,300円→初回体験3,300円」

「整形級の若返り両方セットコース(100分) 体験価格5,500円」

 

年齢を重ねると起こる「肌老化」⑧

お肌の水分を守るお仕事をしている

代表的な3つをシリーズでご紹介してきました。

今回は、「天然保湿因子」=「NMF」についてご紹介いたします。

では、「天然保湿因子」とはなんでしょう?

皆さんはあまり聞き慣れない言葉かもしれませんね。

お肌にとって、とても大切な成分です。

まずお肌のどこにあるかと言いますと、

皮ふの一番外側、角質層にある成分です。

赤ちゃんの肌がみずみずしいのは、この「NMF」が多いからなのです。

しかし、「NMF」は年齢とともに失われて行ってしまいます。。

そして実は、「NMF」は一種類ではありません。

次回へ続きます。

 

年齢を重ねると起こる「肌老化」⑦

若々しいお肌にかかせない!

お肌の潤いを保つ大切な成分

「セラミド」について、シリーズでお伝えしています。

さて、

前回の投稿では「セラミドを増やす食べ物」についてお伝えしました。

それでは、

その反対に

「セラミドを減らしてしまう食べ物」とは?

これを知らないと、せっかく増やしたセラミドが無駄になってしまいます。

セラミドを減らす主な原因は『リノール酸』の過剰摂取があります。

この成分はセラミドを減らし、

潤いを保てなくなり乾燥肌に。

さらにひどい状態になると、アトピー性皮膚炎などを引き起こします。

リノール酸が多く含まれている食品は、

主に『植物油』です。

菜種油・ごま油・マーガリンなど身近な油なので、炒め物や揚げ物によく使いますね。

でも、油は料理になくてはならないものです。

オリーブ油やコメ油などのリノール酸が少ない油も使いながら、

バランス良く食べましょう。

セラミドを減らさないように気を付けながら

増やす努力が大切ですね。

ただ、

お肌にすぐに効果を感じるためには、

セラミドは食べ物で摂取するよりお肌に直接塗るスキンケア化粧品の方が、

やはり効果が期待できるようです。

食べ物で身体の中から、

そして、

スキンケア化粧品でお肌から「セラミド」を上手に与えて

うるうる・ツヤツヤの美肌を保ちましょう♪

 

2月キャンペーンは「徹底的にたるみケア!」

 

 

2月キャンペーンのご案内です。

春になるまでに、徹底的にたるみをケア!

若さをあきらめないで!整形級に若返り!

①表情筋トレーニングで、リフトアップ

②毛穴洗浄&引き締めで、たるみ毛穴をツルツルに

ぜひ、効果を確かめてみてください。

ご予約お待ちしております~♬

年齢を重ねると起こる「肌老化」⑥

お肌の潤いを保つ大切な成分

「セラミド」について、シリーズでお伝えしています。

さて、

では気になる「どうやってセラミドを増やすのか?」

まず大切なのは、

やはり口から体の中に入れる「食べ物」です。

セラミドを含む食品を食べると腸で吸収されて、

スフィンゴシン、糖、脂肪酸に分解されるそうです。

このスフィンゴシンが角質層に作用して、保湿力が維持されると言われています。

スフィンゴシンが含まれる主な食べ物は、

・米(米ぬか)

・小麦(小麦胚芽)

・大豆

・コンニャク芋

・レンコン

などに多く含まれています。

一日に必要なセラミドの量は600マイクログラムだそうです。

生のコンニャクならば約半丁、白米ならお茶碗に25杯・・・

ビックリですね!

効率よくセラミドを摂取するには、

セラミドを高濃度で配合したサプリメントがお勧めです。

そして、注意しなくてはならないのは、

セラミドを減らす食べ物です。

こちらは次回に投稿させていただきます♬

 

奈良初!2月ニューリリース♪時間制フェイシャルエステが登場!!!

奈良初!2月にニューリリース!

忙しい女性も安心。
手軽にキレイになれる♪

【時間制フェイシャルエステ】

—————————————————–

~~30分エステ【¥2,750】~~

ディープクレンジング→角質・毛穴ピーリング→お仕上げ

~~60分エステ【¥5,500】~~

★乾燥肌ケア★

ディープクレンジング→角質・毛穴ピーリング→うるうる保湿パック→お仕上げ(マッサージ付き)

★美白ケア★

ディープクレンジング→角質・毛穴ピーリング→美白ビタミンパック→お仕上げ(マッサージ付き)

—————————————————–

ご予約受付中です♡

お楽しみに~^^♪

1日1名限定!2024年お年玉キャンペーン実施中!

 

 

2024年!

お年玉キャンペーン実施中!!

新・メニュー「カスタムメイド・エステ」が、

なんと!!!

4種類のエステが体験できる「80分ぜいたくプラン♪」が

❝2024円❞

あなたのお肌に合わせて、10種類のエステの中からチョイス!

1日1名限定ですので、ご予約はお早めに!

ご来店お待ちしております!

 

 

年齢を重ねると起こる「肌老化」⑤

【お肌のかさつきを防ぐポイントとは?】

お肌の潤いを保つのに、とても大切な役割をしている

「セラミド」についてお伝えします。

セラミドには高い保湿効果があります。

セラミドは人間の皮膚で元々つくられている成分で、

肌の水分の80%以上は、細胞間脂質という成分でキープされています。

その細胞間脂質の50%を占める成分がセラミドです。

セラミドは、乾燥肌を防ぎ、お肌の潤いを保つカギになります。

そして、

セラミドを増やすことは、何歳からでも遅くはないのです!

では、どうやって増やすのか?

次回お伝えいたします。

 

年齢を重ねると起こる『肌老化』④

さて、前回は、

肌老化を防ぐためには、「乾燥はNG」とお伝えしました。

それでは、どうしてお肌は乾燥するのでしょうか?

まず、

お肌のうるおい=水分を守るお仕事をしているのは、

毛穴にある「皮脂腺」から出る皮脂(油分)と、汗腺から出る汗(水分)が混ざってできた、

「天然の保湿クリーム」と言われる「皮脂膜」。

「セラミド」などの「細胞間脂質」。

アミノ酸で作られている「天然保湿因子」の3つが、

代表的なものです。

これらは全て、皮膚の一番外側の角質層にあります。

そして、角質層をうるおいで満たしているのです。

この3つの保湿因子のバランスが崩れたり、減少すると角質層の水分を保てなくなり、

お肌が乾燥してしまうのです。

では、お肌のかさつきを防ぐポイントは?

次回にお伝えしていきます♪