日焼け防止の食べ物。

今回は日焼け予防の食べ物の投稿をさせて頂きます。

日焼け予防に効果的な食べ物として、
ビタミンA ビタミンC ビタミンEを一緒に取ると
良いと言われています。

ビタミンCは抗酸化作用で肌の新陳代謝を促進して、
メラニン色素の生成を抑えてくれます。コラーゲンや
エラスチンの生成を促し、お肌のハリや白さを保ち
ます。

今の時期は カボチャ ピーマン はビタミンC
ビタミンA ビタミンEこの3つがバランス
よく含まれています。UV2

ほうれい線 気になりますね。

毎日あちいですね。

ほうれい線のお話を今回も投稿させて頂きます。

法令線のできやすい人。
脂性肌の人より乾燥肌の人が法令線ができやすい。
太っている人より痩せている人の方がほうれい線
が目立ちやすいです。

大まかに気を付けて頂きたいのは
1)紫外線 2)乾燥 3)食生活の乱れ
4)加齢によるタルミ 5)表情筋の衰え

出来てしまった気になるほうれい線をなんと
たったの¥1.000(税別)だけで解決しませんか?
お得価格は(初回のみ3回で¥19800(税別))ほうれい線3

気になる法令線

今回は法令線の投稿をさせて頂きます。

法令線の深さは見た目の年齢を大きく左右します。
老け顔を印象付けてしまいます。

主に加齢によって中年以降に目立ち始めます。

原因としては、
加齢 乾燥 喫煙 ストレス 紫外線
バランスの偏った食事(柔らかい食事ばかり)
肩首こり 頬の肉が柔らかい 猫背 眼精疲労
頭皮が硬く揉んでも動かない 食事の時に左右
どちらかばかり噛む癖がある ダイエットで太ったり
痩せたりの繰り返し。など。。。ほうれい線3

毛穴の汚れ気になりませんか?

今回は毛穴の汚れについてです。
お肌はザラザラで、よ~く見ると毛穴が開いてその
毛穴が薄汚れている~~。なんて、ことないですか?
 
明るく透明感たっぷりな美肌に、どうすれば。。。
 
まず、私的にはクレンジングはジェルタイプをお勧め
します。
 
食事には  (取りすぎないでの程度ですが。)
1)肉 特に鶏肉 卵 チーズ
つまり、動物性食品の脂油は取りすぎないで下さい。
油 脂を溶かす食べ物は大根 ネギ 玉ねぎ 生姜 
ニンニク ニラ ラッキョ きのこ類だそうです。
2)香辛料
発汗性があるので、毎日食べていると毛穴が開いて
いきます。そこにお、動物性食品の脂肪がたまり、
毛穴が黒く見えてきます。
3)甘い物
砂糖
4)果物
熱帯の果物
5)お酒
当店では
毛穴の汚れごっそり取ります。(学生割引¥3240)
黒ずみ ザラつきも一掃。
明るく透明感たっぷりな美肌へ。エステイラスト3

表情じわとは?

今回は表情じわについて投稿させて頂きます。
しわ1

表情じわとは、笑ったり眉をしがめたりした時。
その表情によりできる種類のシワです。

これは加齢によって深くなっていきます。
原因は表情筋が衰え、長年続けてきた癖と加齢
によりコラーゲンやエラスチンなどの減少も
ともない元にもどらなくなってしまうのです。

しかし、まだできてあまり時間の経っていない
浅いしわは、表情の癖を治すことで改善もありえ
ます。

おおシワについてです。

今回の投稿は大シワについてです。

加齢によりお肌の内側の構造も老化をします。
弾力を司ってくれているコラーゲンやエラスチン
を作ってくれているのが繊維芽細胞ですが
この機能も低下します。
大変な事なのは、一度できたシワはなかなか
化粧品だけではもとにもどすのは難しいと
言われています。

お肌のハリや弾力が失われていきます。

コラーゲンはもう一ッ紫外線で変性する
のです。
これを、光老化と言うものです。

ゴルフやテニスと言った屋外でのスポーツされて
いる方は、年齢に関係なくシワが多いです。UV2

シワ気になりませんか?シワの種類

今回はシワについての投稿をさせて頂きます。

シワの種類は
大まかに 小シワ 大シワ 表情シワがあります。
しわ対策にはまず自分のシワの種類を知ってください。
シワの種類によりケアの仕方が違います。

シワは老化の始まりです。

おでこ 目元 頬や口元に小さく刻まれたもの
気になりますね。若い方にもあります。

それ以外でも首や手です。

化粧品などで軽減するのは乾燥による小シワ(つまり
チリメンシワ)だけです。
浅くて細かいので改善はできます。
原因はお肌の乾燥からです。
大気の乾燥 紫外線 ストレス 喫煙など。

シワ対策は目立たない時からの保湿や紫外線対策
をしなくてはね。17

今の時期のお肌は。

奈良の今日の日差しの強い事、紫外線ケアを
おこたりなくね。
(今の時期のお肌は)
皮脂の量も増えます。基礎化粧品の見直しにも
チエックです。

テカリやべたつきが~気になると保湿を
おろそかにしてはダメです。
皮膚の下(角質層)が乾燥してしまいます。
お肌の表面は皮脂で潤っているように思いますが
ケアをサボるとインナードライになります。

インナードライとは水分が少なく皮脂が多い状態
です。

脂と水分のバランスのとれたお肌は美しく
トラブルに強いお肌です。エステイラスト3

紫外線の知識

今日の奈良の天気のいいこと。
紫外線が強烈に降り注いで知るのを感じました。

この強烈な紫外線の知識について。

前回の続きです。
紫外線は遺伝情報をつかさどるDNAはUV-Bを
吸収します。
吸収したUV-Bの力によりDNAが傷つけられます。
体の中には傷ついたDNAを修復する力もあります。
しかし、
この傷害が度重なると、修復過程でミスを起こして
修復しきれない遺伝子情報を持った細胞が作られる
ことになるそうです。

このような突然変異が長い期間を経て、皮膚がん
を引き起こすと言われています。UV2

紫外線の知識

さて、紫外線の知識について。
メラノサイト(色素形成細胞)シミのお母さんと
思って下さい。

日焼けすると皮膚が褐色になるのは、細胞を

紫外線から守ると言う目的を持った色素形成細胞の

働きです。

赤道近くに住む人びとのお肌の色が黒に近いのは、

色素形成細胞がメラニンをたくさん作って太陽光線

からの害からお肌を守っているのです。

UV2