ほうれい線 気になりませんか?

女1ほうれい線気になりませんか?

見た目の年齢を大きく変えてしまいますね。

原因はお肌のたるみです。

年齢を重ねるごとに、たるんだ部分がシワや
ほうれい線になります。
しかしほうれい線は加齢によるものだけでは
ありません。

睡眠不足 ストレス 過度のダイエットで急激に
痩せたり、目の疲れ 紫外線 喫煙など
日常生活にも原因はひそんでいます。

できやすいのは、お肌の乾燥 紫外線によりお肌が
弱っている 頬の肉が重力にたえきれず下に落ちて
しまった 顔の血のめぐりが滞り代謝が悪くなって
いる。

肩こりや首こりもほうれい線を目立たせてしまう
原因の一つだそうです。
血行やリンパの流れが悪くなると顔や頭に液や
リンパ液がたまり顔のむくみになります。
顔がむくむと重いので頬が下にたれてほうれい線
を目立たせてしまいます。

乾燥肌の方の食べ物は

燥肌にご注意を。

前回は外からの乾燥肌についての注意を投稿させて
頂きました。

今回は内側からの保湿

食事で乾燥肌対策です。
乾燥肌にはビタミンAだそうです。
ビタミンAを多く含む緑黄野菜やレバーが良いです。

生の人参をサラダに さつまいも ケール
ほうれん草 干しあんず も良いとされています。女5

お肌の乾燥気になりませんか?

美肌になる湿度のお話しです。

暖房により部屋は乾燥ぎみです。
湿度が40%以下になると粘膜が乾燥するので
免疫力が低下して風邪をひきやすくなると言われて
います。
湿度は美肌だけではなく健康にも大事なのですね。

私は乾燥肌で。。。。。と、言われている方でも
湿度計を意識されている方は少ないのでは
ないでしょうか?

加湿器の上手な使い方を意識してね。
40~50%がいいみたいです。

60%以上は部屋のなかがジメジメしてカビや
ダニが発生しやすくなるとか。女1

お肌の乾燥

乾燥肌で悩んでいる方が多いのではないでしょうか?

年齢を重ねると起こるお肌の老化

30代になるとお肌のクスミやシミやシワやタルミが気になり始めますね。

しかし、お肌の年齢を感じさせない素肌を保っている方もおられます。
日々のお手入れと生活習慣でお肌の老化をある程度食い止めることはできます。

お肌の老化を防ぐには、やはり保湿ケアは大事です。
年齢と共に保湿力は低下していきます。

お肌の表面がごわつきます。
乾燥肌はあらゆる老化のトラブルを引き起こします。

シワ 毛穴の開き タルミなど
お肌のターンオーバーも遅くなります。
特に目の回りや口元は皮膚が薄く乾燥しやすいです。産後2女5

乾燥対策は本当に大事です。

お肌の乾燥を避けましょう。

前回の続きです。
クレンジングはオイルやクリームタイプのは、
避けられたほうっがいいです。ジェルタイプを
私はお勧めです。

そして、クレンジング、洗顔はぬるま湯で20回
以上のすすぎをお勧めします。
熱いお湯でクレンジングや洗顔をすると、乾燥の
原因になります。
水に近い位の常温水にして下さい。
そして、一番最後にするのがベストです。

入浴中なら蒸気で肌はやわらかくなり、毛穴も
開きます。

ただ、洗髪の時に熱いお湯がお顔にかからない
ように気を付けてくださいね。女5

乾燥お肌の仕組みとは?

前回はお肌のケア別について投稿させて頂きました。

皆さんが一番気にしておられる乾燥肌はなぜおこるのか?を投稿させて頂きます.

美肌のカギと言われるのが角層です。
角層はお肌のいちばん外側にあり、0.02ミリの層
です。

細胞間脂質は角層内で角層細胞同士の間を埋めている
脂質のことです。
細胞と細胞をしっかりと接着するセメントのような
役割を果たすと共に、お肌の内部からの水分蒸発する
のを防ぐバリアの役目もあります。

乾燥している。。。敏感肌の方。。。
細胞間脂質が不足して、バリア機能も低下した
状態です。
その為に細胞間脂質類成分を補い、潤いやバリアを
整える必要があります。

次回はでは???どんなものを???を投稿させて頂
きます。女3

肌別これからの季節のケア

前回は肌のタイプ選びをして頂きました。

今回はタイプ別ケアの仕方の投稿をさせて頂きます。

普通肌(ノーマル肌)
**季節や環境に合わせて溶剤も変える。
保湿対策もお忘れなく。
これからは洗顔も潤いを取りすぎるタイプのもの
は、ダメです。

乾燥肌(ドライ肌)
**積極的な保湿ケアが大事です。
乳液や保湿クリームはかかせないです。
洗顔は冬用に。お肌から潤いを取りすぎないもので。

脂性肌(オイリー肌)
**泡立ちのいい洗顔で余分な皮脂や毛穴の汚れを
取り除ける洗顔を。
でも、適度な水分や油分も必要です。
潤い対策も忘れずにね。

乾燥型脂性肌(混合肌)
**肌の汚れやすいTゾーンJは洗顔でスッキリ
清潔に。
潤い対策は、部分的にきめ細やかに各部位に合わせる
ことが大事です。

ここまでお読みいただき有難う御座いました。
女5

お肌のタイプ別アドバイス

お肌のタイプ別アドバイス。
お友達の皆さんはどのタイプのお肌でしょう?

普通肌(ノーマル肌)
水分が多く、皮脂が少なめな肌です。
これからは幾分カサつく程度です。
お肌のキメは細かく、毛穴は目立ちません。
季節などに影響を受けやすいですが、きちんと
手入れ次第ですこやかなお肌が維持ができます。

乾燥肌(ドライ肌)
水分も皮脂も少ないお肌です。
きめ細やかに見えますが、カサカサして潤いが
ありません。
洗顔後はつっぱったり、せっかくのメイクが浮きや
すいお肌です。
お肌の荒れや小じわになりやすいです。

脂性肌(オイリー肌)
水分も皮脂も多いタイプです。
つややかなお肌ですが、キメが荒く、毛穴も目立ち
ニキビができやすい肌です。
ベタつきによりメイクが崩れやすいです。

乾燥型脂性肌(混合肌)
部分的に脂っぽかったり、カサカサしたりしている肌。
例えば、額や鼻は脂ぽいのに頬や目の回りはカサカサ
しています。

次回は4タイプ別改善対策を投稿させて頂きます。
ここまで読んで頂き有難うございました。女2

秋のお肌 乾燥と敏感肌

秋のお肌は乾燥や敏感肌へ。

秋の乾燥の原因
*外からの原因としては
湿気の少ない季節(秋)
*内的な原因としては
生活習慣(ストレス 睡眠不足など)

そして、間違ったスキンケア

*年齢乾燥です。
年齢と共にターンオーバやバリア機能が乱れ、
角質層の水分保持機能の低下することによります。

乾燥肌が様々な老化トラブルの原因となります。

次回はどんなトラブルを引き起こすか?
を投稿させて頂きます。女4

秋のお肌は内側から外側から。

お肌の乾燥対策はインナーからもアドバイスです。

まず、ビタミンの補給
秋は体の中も乾燥すると言われています

体の外だけではなく内側からのケアでの潤いも
大事です。

一番にうるおいを多く含むのはビタミン類と
言われています。
ビタミンC ビタミンB ビタミンE
食べ物として秋の食材としては
きのこ類 はちみつ ぎんなん 山芋 豆乳
が良いとされています。

また、外出や外でのイベントや運動で汗をかいた
時、汗をそのままにしておくと、汗の蒸発と一緒に
、お肌の水分は奪われてしまいます。女1